チカ チカパラダイス

孫が庭木の剪定に来てくれた

もう筆頭孫は大学生になる。
その孫が庭木の剪定に来てくれた。
自由が丘でアルバイトをしてきた帰りだと。
前は植木屋さんに剪定を頼んでいたのだが、もう木も大きくなったので大分上を切ってしまった。
夏に大分私が剪定したのだが、もう10月になると大分伸びてきている。

 
カミさんが孫の小遣い稼ぎに庭木の剪定を頼むと。
孫も学業や部活であまりアルバイトをやる暇がないのだとか。

私のところでちょっと庭木の剪定や草むしりをすれば小遣いがもらえる。
多少は助かるのだと。
今日は4時に来た。すぐに日が暮れてしまうので、私とカミさんも手伝う。
私ももう年なので脚立に乗って、高いところの剪定は危なっかしいので孫に頼む。

 

 

酔芙蓉は大分太くなっていた。それを孫が剪定ハサミで切っていく。
私がそれを小さく切っていく。
カミさんはそれをゴミ袋に入れる。
太い木はのこぎりで切った。大分大きくなるものだ。
後は名も知らない庭木の上の方を切ってもらった。
これで大分すっきりした。
約1時間ちょっとで大分格好がついた。

 

 

その後孫が買ってきたドーナツでお茶タイム。
孫もお土産を買ってくるように成長したのだ。
その後大学生活の話を聞いて、学生生活をエンジョーイしているようだった。
来月はボランティアで岩手に木を伐りに行くのだと。

 
交通費も自腹だとか、電車ではお金がかかるので夜行バスで行くのだと。

そんなお話をして、カミさんに小遣いをもらって6時前に帰っていった。
大分助かった1日だった。”