チカ チカパラダイス

たくさん当たったら当たったで厄介な宝くじ?

誰もがほしがるお金。だからこそ巷で「宝くじでも一発当たらないかなー」なんていう「ボヤキ」が聞こえるのも、ごく自然なことだろう。

 

買う限りは時の運で当たる人が誰かしらいるからこそ「宝くじ」なのだ。もちろん買わなきゃ損もしない代わりに当たる確率はゼロだが(笑)。

 

年末ジャンボのCMでも謳っているような、1億円単位の大金が当たることはさぞかし夢のようなことだろう。まさに一攫千金の夢だ。しかしながらこの宝くじ、大金が当たったら当たったでとかく厄介な存在でもあるようだ。

 

その実例として、海外なんかでは大金が当たったがために身内に隠したり(シンジラレナイ)、かえって犯罪者に狙われたりして日々ハラハラした心持で生きた心地がしなかったりということも聞いたことがある。

 

これじゃあ夢や幸せどころか、大金を手にしたがためにむしろ不幸な結末を迎えている実例も少なからずあるというのもまた現実だ。

 

心身ともにおだやかで健やかで、幸せに暮らすためにこそ使うのが本来のお金の使い道というものだろう。

 

 

そうするとやっぱり、人間らしく汗水たらして人並みに苦労して人並みに稼いで、ごく普通の生活ってのがいちばんいいのかもしれない。・・・という考えに落ち着くのだった(笑)。