チカ チカパラダイス

感謝されてナンボ

先日、やることだらけの仕事があっという間に終わった。やること山積みでやってもやっても追っつかずの中、あっぷあっぷしながらも一つずつ確認しつつ、できる限りのことはやった。

 

別件でお仕事関係の連絡があったものの、業務内容の追加の伝達のあとに「いつも大変助かっています」というのが励みになった。やっぱり仕事は感謝されてナンボだと思う。

 

 

翌日の今日はオフなのでゆっくり起床し、熱めのカフェを淹れてまったり朝時間・・・というか起き出してきた頃には昼近くになっていたけど、こういう時間が過ごせるのがお休みのいいところ。

 

急に寒くなってきたこの頃にあって、我が家もつい先日からついにエアコンが稼働し始めた。懲りずに寒い今日、先日との気温差も8℃近くと大きい。とりあえずベッドのシーツを冬バージョンにしようと思う。羽毛の掛布団も引っ張り出さなければ。何気に体力使う、おふとん冬バージョンアップグレードであった。

シーツは清潔に

恥ずかしながら、私は今まで布団のシーツに関して無頓着でした。枕カバーなんかも全然変えてきませんでした。

 
しかし最近、そういった不潔なシーツや枕カバーがニキビや肌荒れの原因と知り、意識を改めつつあります。

 

枕カバーは毎日取り替える、休みの日はシーツを洗って干す…きっと普通の人にとっては当たり前のことなんでしょうが、自分では結構頑張ってます。

 

休みの日に早く起きて、シーツを洗濯して干すと、一日気持ちよく過ごせる予感がしていいものです。

 

当然洗い立てのシーツは気持ちよく、最近は眠りの質が良くなったと感じます。枕カバーも毎日変えるようにしてから、ニキビが出来にくくなってきました。

 

きっと布団を干せばもっと気持ちよく眠れるんだろうなと思いますが、寝室からベランダまでに一部屋挟むのでついつい億劫でまだ干せてません。ふかふかの布団にすべく、明日こそは干そうと思います。

 

我ながらずいぶんと小さいことだと思いますが、人それぞれにそういうことってあると思います。大事なのは問題の大小ではなく、やるかやらないか。これをモットーにさらに真人間に近づきたいと思います。

三谷産業から株主優待が届きました。

我が家に私の投資先として三谷産業から、株主優待の品が届いていました。ちなみに、この会社の株式を私が購入した時は5万円以下で株式を購入しています。

 
この会社は昨年、一昨年は、二年連続でマグカップをくれました。

 

この二つのマグカップは妻と私が使っています。

 

今年もまたマグカップでしたら今度はどうしようかなっと思っていたのですが今年はマグカップではなく別のものを株主優待としてくれました。

 

それは、小鉢でした。

 

 

この小鉢は小さくてかわいらしいので普段使いにもってこいの品物だと思います。

 

これには塩辛とか納豆を入れて使いたいと思います。

 

株主優待をくれる会社でも陶器類をくれる会社は少ない中でこのような実用的な品物をくれるのは非常にうれしいです。

 

株主としてもう少し欲を言えば株価をもっとあげるかもしくは配当金をもっともらいたいといいたいです。

 

このように考える私は贅沢なのでしょうか。

今日の夕飯は、みそ煮込みうどんにします。

今日は寒いので、温かいものが食べたいと思って煮込みうどんにしました。

 

旦那さんが熱を出してしまって体調が良くなかったのですが、食欲も出てきて大分食べられるようになったので、体に優しいものをと思って暖かい煮込みうどんを作りました。

 

 

けれども、私のうっかりミスで卵を買ってくるのを忘れてしまったので、卵なし味噌煮込みうどんになってしまいました。

 

 

買ってこようかとも思ったのですが、外は雨が降っていて台風も近づいているので、買うのをやめました。ですから今日は卵なし味噌煮込みうどんです。

 

 

けれども美味しいと言って食べてくれたので良かったです。子供がニンジンを花の形や星の形にくりぬくのを手伝ってくれました。

 

半分遊びになっていましたが、助かりました。良かったです。今日は暖かいものを食べて早く寝ようと思います。私も風邪をひかないように気を付けます。

凝った料理を作れなくても大丈夫

料理がもともと苦手で、今でもレパートリーが少なくて困っています。

 

最近気が付いたのですがそんなに凝った料理を作らなくても良いということです。

 

ご飯とお味噌汁とサラダともう一品何かあれば十分だということ。余裕があれば副菜を少し作れば立派な食事になります。

 

手がまわらないときはシチューやカレーや鍋で十分です。

 

それにサラダやデザートがあれば家族も喜んでくれます。

 

余った野菜や、頂き物の食材があればその都度ネットで検索して美味しそうなものを自分で作れる範囲で作れたら良いと思います。

 

 

もしおいしかったら自分のレパートリーに加えます。

 

 

わざわざ料理雑誌を買ってきてレシピ通りの材料をわざわざ買いに行かなくても、基本的なものさえ出来ていれば良いのではないかと思います。

 

自分に余裕がもてる範囲で楽しく料理出来るのが一番だと思います。

人は見かけによらない

神戸の市会議員の男性が毎日のようにテレビに登場していましたが、とうとう議員の職を退くという届を郵送して姿をくらましています。

 
見た目にはきちんとした感じの人で、歯科医師としても開業しているらしいのですが、テレビで暴かれる正体はなかなかの悪人。

 

表面的なことしか分からない神戸の有権者の人たちも、きっとポスターの笑顔の表情やその政策などに共鳴して投票したのだろうと思います。

 

 

家庭があるのに国会議員の女性と不倫をしていたり、政治活動費を詐欺していたりと、その正体はとんでもない人でした。

 

人は見かけによらないとはこのことかと思うほどです。

 

それにしても、政治家にはこういった口先ばかり良いことを言ったり正しいように見える人がけっこういて、それが判明すると離党したり議員辞職をしたりして終わりになるという慣習はいかがなものでしょうか。

25年ぶりの体験

夏と言えば海やプールがすぐ浮かんでくるほど好きなものです。しかし最後に海水浴に行ったのは思い出せないほど昔の事です。

 
せめて夏の眩しいビーチでの海水浴を気分だけでも味わいたいと夏の海自体には毎年のように訪れています。

 

そしてプールも最後に行ったのが25年ほど前の出来事で、遠い記憶になってしまっていました。

 

ここまでブランクが空いてしまうと、きっかけがなかったこともありなかなかまた行こうという気持ちになれませんでした。

 

しかしこの夏には知り合いがプールに行くという事で、これはプールへ行けるまたとないチャンスだ、と連れて行って貰う事にしました。

 

ブランクがあまりにも長いので不安がある一方ワクワクもしました。

 

プールに着き水に入った瞬間に不安はなくなり一気に楽しい気持ちになれました。

 

幸いものすごく暑くなく丁度良い気温だったのも幸いしましたし、水もそれほど冷たくなく快適でしたし、色々な種類のプールがあったのでとても楽しめました。

 

こんな楽しい事を25年もしてこなかったなんて、なんてもったいない事をしたのだろうとちょっぴり後悔もしましたし、

 

これからは時々プールに足を運んで健康面でも役立て、そして楽しもうと思います。

滅多にお目にかかれない、かかりたい鰻

丑の日だ。

丑の日と言えば、そう鰻。

精を付ける為に、年に数回あるけど

まともに鰻なんて滅多にお目にかかれない。

食べれて中国産か類似のあなご。

まぁ、個人的にはあなごも好きだし、むしろ鰻よりあなごの方が好き。

でも、たまには鰻も食べたくなる。

だからと言って、鰻屋に行って鰻を食べるなんてそんな豪華な事はできない。

てか、その値段出して食べるなら、食べ放題が食べたい。

スーパーにはずらっと鰻が並んでた。

並ぶとやはり魅力的ではある。

ひつまぶしとかいいな。

お茶漬けにしたら絶対にうまいだろな。

なんて、考えて鰻とにらめっこ。

お店より安いけど、これを買ったら明日から貧相な生活が待ってる。

鰻を今日食べて、明日からかつかつのケチケチの晩御飯になるくらいだったら

やはり鰻は断念せざるおえない。

今日は豚カツでも食べよう。

肉だ肉。

だれか、鰻を食べさせて下さい。

うつの治療って、実際どうなの?

nayamuzyosei
私は、現在、うつの治療中です。

 

始まりは、仕事に行くために家を出ることができなくなったことでした。

 

自分でも「なまけだ。」と思って、無理矢理出勤しても、動機が止まらなくなったり、過呼吸になったりして満足に集中できなくなりました。

 
同僚に「大丈夫なの?」と聞かれると決まって「大丈夫です!」と答えるのに、普通に会話しているなかでいきなり無意識に涙がこぼれ落ちたこともありました。

 
そんな中、家族に不幸があり、私の感情は一気に爆発してしまったのです。

 
仕事に行かなくなり、精神科に通うだけが外出。人から見たら、引きこもりですね。

 
焦りは禁物、と医者には言われますが、実際の生活を考えると焦らないわけにもいきません。

 
自宅でできる仕事を検索してみたり、人とあまり接しない仕事を探してみたり、「これならできるかなー。」、と考えながら、「なんとかなる。「今は」焦らない。」と日々を過ごしています。

 

 

「これが治療か?」と自分でも思ってしまいますが、それしか無いみたいですね。

 

 
まだまだ人生行路長い予定。自分で言うのもなんですが、今まで結構がんばって、無理もしてきたなと思います。「 しばらくゆっくり、またがんばれる。」、と割りきって休むこともあっていいかな、と最近やっと思えてきました。

今も、これからも続けていきたいこと。

sararimann
私には、ひそかに思い、続けていることがあります。

 

国内外どこにいても、仕事ができて収入を得られるようになることです。

 

現在はネットという便利なものがありますので、以前に比べると夢にちかづきやすくなったように思います。

 

今は本業の傍ら、ちょこちょこと文章を書いて、どこにいてもやっていけることができるように頑張っています。

 

 

 

できれば、本業ほど、いやそれ以上に収入を得られるように頑張っていきたいと思います。(もちろん、本業も頑張ります)

 

そんな私が毎日欠かさず読んでいるのは、新聞です。

 

特に1面下にあるコラムは、不器用な私でも参考になりますように、それにしてもうまいこと書くな(絶賛です)、そんなことも思いながら楽しく読んでいます。

 

言葉をちょっとずつ磨いていきたいと思っています。

 

まだまだ未熟者の私ですが、これからも精進を続けていこうと思っています。

Older